旅行・地域

2019年10月10日 (木)

第二回秋日の読書散歩2019



著者とともに著作の「ホンネ」を探ってみませんか?
スライドショー・トーク&ミュージック 
「アートやファッション・カルチャーが、ロンドンやパリと地続きだった時代」
11/9(土)16:30-18:00(16:00開場) charge ¥2000(1drink)
70年代、「ファッションの街・原宿」が誕生した時代
中村 のん(スタイリスト・エッセイスト)
with 尾崎 靖(エディトリアル ディレクター)
11/10(日)13:00-14:30(12:30開場) charge ¥2000(1drink)
優しい目線がつなぐロンドンパンクと代官山17番地     
ハービー・山口(写真家)with 尾崎 靖(エディトリアル ディレクター)
要予約:cs-hayashi.com or Phone:080-9204-2456

中村 のん 東京生まれ。青春時代を原宿で過ごす。桑沢デザイン研究所在学中にスタイリストの草分け、高橋靖子のアシスタントになる。以後、フリースタイリストとしてCM、広告を中心に幅広く活躍。2014、15年に写真展&トークイベント「70’s原風景 原宿」を主催。今回は会場で、2019年出版の新刊エッセイ集『70s原宿 原風景 思い出のあの店、あの場所』(DU BOOKS)と写真集『70‘ HARAJUKU』(小学館)を販売します。

ハービー・山口 1950年、東京都大田区出身。写真家。23歳で渡英し10年在住、劇団の役者を経て写真家になる。「人の心をポジティブにする写真」をテーマとし、ロンドンのミュージシャン、福山雅治など多くのアーティストから市井の人々までを幅広く撮影し、最も親しまれている写真家の一人である。エッセイ執筆、ラジオパーソナリティーもこなし、ギタリスト布袋寅泰のアルバムには作詞家として参加している。個展、写真集多数。2011年度日本写真協会賞作家賞受賞。大阪芸術大学、九州産業大学客員教授。

尾崎 靖 小学館で定年まで37年あまり編集に携わり、在職中は数多くの名著を世に出す。多くの著者とも親交があり、また彼を慕う作家や写真家は数多い。生涯一編集者であることを明言しており、現在は出版社やクリエーター、企業からの編集や講座の依頼が絶えない。

2019年5月14日 (火)

PHOTO EXHIBITION by Yoichi YABE

海洋写真家・矢部洋一  写真展開催

『Kazi』誌はもちろん、世界中の雑誌で活躍する海洋写真家の矢部洋一さんの写真展「PHOTO EXHIBITION BY YOICHI YABE」が、6月7日(金)~9日(日)、14日(金)~16日(日)、21日(金)~23日(日)の9日間開催される。世界中のレースシーン、セーリングシーンを撮り続ける矢部さんの珠玉の作品をぜひ。なお、6月22日(土)には、矢部さんの親友、白石康次郎さん(DMG MORI SAILING TEAM)のビデオ上映会「白石鉱次郎176日の航跡」も同時開催される。冒険家・九里徳泰氏と矢部氏の解説付きのビデオ上映会は予約制。
写真展での、矢部さんの在廊日、時間は下記連絡先よりご確認ください。

PHOTO EXHIBITION BY YOICHI YABE

開催日:2019/6/7-9、14-16 & 21-23
時間:11:00~17:00

同時開催:白石康次郎176日の航跡
6月22日(土)18:00~20:00(30分前開場)
料金:2,000円 (1drink 付)
定員:30人
予約:下記、電話かメールにて

開催場所:CREATIVE SPACE HAYASHI
〒235-0055
神奈川県茅ヶ崎市中海岸1-4-48
TEL: 080-9204-2456
E-Mail: misa@cs-hayashi.com
HP: cs-hayashi.com

 

Img_2468

0b8a86621

Img_2499Img_2501

Img_2504_1

同時開催:  白石鉱次郎176日の航跡

最年少単独無寄港ヨット世界一周

文藝春秋Sports Graphic Number Video

解説トーク付き:「海の冒険」

茅ケ崎在住 写真家・矢部洋一、冒険家・九里徳泰

上映:6/22(SAT) 18:00-20:00(30分前開場)

料金:¥2000 (1drink付)定員30名

ご予約:080-9204-2456 or misa@cs-hayashi.com

矢部洋一 

1957年 東京生まれ。

27歳の時、出版社「㈱舵社」のスタッフフォトグラファーとしてキャリアをスタートした後、1989年に同社の支援のもと、ヨーロッパを転戦、アドミラルズ・カップ、ウィットブレッド世界一周レース、レーザー・ワールド、チョーン・ルント、ラ・ニューラーグ、など、ヨーロッパの主要ヨットイベントを撮影し、ヨットフォトグラファーとして国際的にデビューを果たした。
以来、アメリカズ・カップ(1992年~)、オリンピック競技大会(バルセロナ、アトランタ)、ボルボ(旧ウィットブレッド)レース、ミニトランサット、ザ・レースなど、ヨット界の頂点とされる数々のイベントをカバー。日本の海洋冒険家、白石康次郎の世界一周航海/単独世界一周レース・チャレンジも、その最初から撮影を続けている。 

1999年に(有)オフィスイレブンを設立。

2010年には、世界でもっとも美しく重要なヨットのひとつ、Jクラス・エンデバーのオフィシャルフォトグラファーとなり、大改修工事の過程から再進水後のレースシーンを追った。

お気に入りのヨットレース、トランスパック(ロサンジェルス~ハワイ)では、ベンガルII、ベンガル7、タキオンなど、日本のレーシングヨットに同乗して太平洋をこれまで5回横断し、記録写真集を制作した。
美しい曲線とクラフツマンシップをこよなく愛し、木製クラシックヨットの世界に導かれた。日本では、1972年建造の S&Sニス塗装のマホガニー製ヨット、カムシンのクルーメンバーのひとり。ヨーロッパでは、パネライ クラシック ヨット チャレンジの常連フォトグラファー。

写真撮影と同時に、文章を書き、翻訳(英語→日本語)も行うため、雑誌を中心にさまざまなメディアで幅広く活動している。

 

Yoichi Yabe 

Born in Tokyo, in 1957

Yoichi Yabe’s international debut as a photographer was in 1989 when he had a chance to photograph major yachting events in Europe like the Admiral’s Cup, Laser Worlds, Tjorn Runt, La Nioulargue, Whitbread Round The World Race, with strong backing from a Japanese publisher Kazi Co., where he had started his career as staff photographer.
Since then, he has covered numerous yachting pinnacles, the America’s Cup (since 1992), the Olympic Games (Barcelona, Atlanta), Whitbread/Volvo Race, Mini Transat, BOC/5 Oceans Solo Round the world, the Race, etc.  He also has followed Japanese ocean sailor, Kojiro Shiraishi who has rounded the world solo three times. 

He set his own office called Office 11 in 1999.

In 2010, he was assigned to record the major refit of J Class Endeavour, one of the most beautiful and important yachts in the world.

One of his favorite yacht races is the Transpac (from L.A. to Hawaii).  He has been onboard Japanese racing boats, Bengal II, Bengal 7 and Tachyon, and did 5 Transpac so far to make their record books.
His love in beautiful curves and craftsmanship led him to the world of classic wooden boats. At home in Japan, he crews for 1972 S&S varnished mahogany sailboat named Khamsin, and in Europe, he is a regular face at Panerai Classic Yachts Challenge as, of course, a photographer.

He not only pursue photography but also does writing and translation (English to Japanese), and has done a lot of repotage mainly in magazines.

 

2018年8月 4日 (土)

Takashi Yamashita Solo Exhibition

Reconstructing the memory 「生成される記憶」

at Ki Niseko Hotel in Hokkaido
Directed and produced
by CREATIVE SPACE HAYASHI

For more visual information,

see FB CREATIVE SPACE HAYASHI

2018/8/1-9/30 

 Img_7713_2

CREATIVE SPACE HAYASHI

北海道木ニセコ ホテルのアートプロデュース

Takashi Yamashita がニューヨークで好評を博した作品を2カ月間お楽しみ頂けます
夏のニセコは緑に包まれ癒しの時間を過ごせる事でしょう。木ニセコホテルでアートの世界をお楽しみください!

画像詳細はfacebook CREATIVE SPACE HAYASHIをご覧ください

STATEMENT 

大きな声で自己主張する写真群。スマートフォンによって変えられたインターネット上にはそんな写真で溢れている。過去の写真家のテクニックはほとんどアプリのフィルターで再現可能と言える。いずれは言葉でスマートフォンに希望を伝えるだけで好きな写真家の作品を真似る事は出来るはずである。

技術というのは逆戻りできない。 人工知能が膨大な情報を得て、自らプログラムを作り出す。 そんなSF的な世界も一部実現しているのである。

しかしそんな世界は技術者に任せておけばいい。

では私の作品の戦略的な位置付けとは。

テクノロジーを肯定しながら否定する。 伝える事を拒否する事で見る人の記憶に結びつく。 具体的な場所も出来事もわからない写真。 それは一人一人の個人の中にしか存在しない場所。

そんな写真を目指している。

 

I believe art complements what is lacking in architecture.

Architecture in our society is often based on rational thinking such as function, engineering, building costs and the objectives set by the clients and the culture.

Art is irrational. Art tends to be personal, and at the same time it has the influential energy to broaden our view of the world.

All of my photographs are an investigation into this irrational field of what we perceive as our reality.

PROFILE

山下峻史

早稲田大学卒業 建築の世界に関わりながら、様々な芸術の表現形式を追求。 考え方では特にウィットゲンシュタインの後期哲学に興味を持つ。 アメリカとイタリアで作品を展示。

 

Takashi Yamashita

Takashi was born in Tokyo, Japan. He was originally educated as an architect at Waseda University in Tokyo. However, needing to fulfill his curiosity about the world around him, he began studying photography on his own and started exploring & experimenting the world of photography. His specialty is fine art photography.

2018年6月19日 (火)

CHIGASAKI 大正から昭和を巡る懐古展

2018.7/13(Fri.)-15(Sun.)   &   7/20(Fri.)-22(Sun.)
OPEN       12:00-17:00

CREATIVE SPACE HAYASHI所蔵の茅ヶ崎記録写真展です

ポストカード付入場料  \300
烏帽子岩の写真販売あります


7/14(Sat.) BRANDIN NIGHT ”僕らの茅ヶ崎物語”
DJ宮治が創り出す音楽と映像の世界をお楽しみください
19:00 start 18:30 open
Charge \2000  1 drink 付 

*要予約 
BRANDIN または CREATIVE SPACE HAYASHIへ
HP:brandin.cafe
Chigasaki_graphie_2018_dmblue01

2018年4月18日 (水)

第7回茅ヶ崎映画祭  2018年6月9日(土)~6月24日(日)

CREATIVE SPACE HAYASHI 上映作品      

「マナスルに立つ」
毎日映画社協力/ドキュメンタリー 97分
 
6月16日(土) 17日(日) 19:00~ (18:30 開場)
料金 \1500 (1drink付)
定員 各回30人   6/16(土)6/17(日)両日とも満員となりました。  
要予約:メールまたは電話でお申し込みください
      misa@cs-hayashi.com     080-9204-2456
茅ヶ崎が誇る槇有恒隊長が導いたマナスル8125m
ヒマラヤ登山のドキュメンタリー映画をお楽しみください。
Chigasakifl1
Chigasakifl2_2
第7回茅ヶ崎映画祭の詳細は以下をご覧ください
Website:     http://chigasaki.cinema-festival.com
Facebook:   http://www.facebook.com/chigasakieigasai/

2018年2月 2日 (金)

milly la foret WAVES Music Live

A4_out001_1_2Millylaforetout001_1

2018年1月28日 (日)

Asako Iwasawa Solo Exhibition at Ki Niseko Hotel , Hokkaido

Asako Iwasawa Solo Exhibition
at Ki Niseko Hotel in Hokkaido
Directed and produced
by CREATIVE SPACE HAYASHI

2018/1/21-2/21

CREATIVE SPACE HAYASHI が
北海道木ニセコ ホテルのアートプロデュース

岩澤あさ子  What do plants dream of ?


作品を1カ月間お楽しみ頂けます
冬のニセコは外国人が9割で、ここが日本である事をを忘れてしまいそうな雰囲気です。
木ニセコホテルで白銀とアートの世界をお楽しみください。

Img_2100_2 Img_4275Img_4277Img_4279Img_4282 Img_4284

Photo_2

2017年11月28日 (火)

Vide-greniers

粋で大人の flea market ・  Vide-greniers

2017/12/9(Sat.) 10:30-15:30


アーティストが選んだ個性的なフリーマーケットです。
どうぞ、遊びにいらしてください!


CREATIVE SPACE HAYASHIでお待ちしています。

Image1_2
出展者
N. Iwasawa
nikeiai       
quoi de neuf 
BRANDIN
CREATIVE SPACE HAYASHI

2017年9月17日 (日)

BRANDIN Night  by DJ宮治淳一 2017/11/11

Music Library & Cafe BRANDIN とコラボ企画

冒険家・九里徳泰 写真展同時開催

11/11(土)19:00-  charge: \1500 +1drink オーダー

「茅ケ崎物語-My Little Home Town出演のDJ 宮治 

art & music の素敵な空間を作り出します

宮治淳一

1955年、神奈川県茅ケ崎市に生まれる。小学生時代にビートルズ、ヴェンチャーズなど、英米のロックンロールにはまり、以後洋楽を志す。1995年よりワーナーミュージック・ジャパンで洋楽編成を担当し、エンヤ、マドンナ、レッチリなどの新譜の他、カタログの復刻に魂をそそぐ。2010年、同社退社後も洋楽カタログ商品の編成、ラジオでのDJ、選曲を手がける。アナログ、特にシングル盤に目がなく1999年自宅を改造し、音楽資料館「ブランディン」を立ち上げ、収集した膨大なレコード、音楽書籍を一般に開放している。信条は「レコードはかけなきゃ音が出ない」。本年公開の映画『茅ケ崎物語- My Little Home Town』で映画初出演。現在10月発売予定の同映画の準拠書籍を執筆中。

当日は映画『茅ケ崎物語』の内容に沿ってアナログ・レコードをかけまくります。 ご期待ください。

満席となりました。次回をお楽しみお待ちください。

CS-HAYASHIもしくはBRANDINメールかお電話でご予約ください

CREATIVE SPACE HAYASHI http://www.cs-hayashi.com

PHONE 080-9204-2456  E-Mailmisa@cs-hayashi.com

Music Library & Cafe BRANDIN http://brandin.cafe/index.html

PHONE 0467-85-3818 E-Mail:brandin@beige.ocn.ne.jp 

Dust_and_grooves_1670_4

Imgp0602_6

KAYA AUTUMN COLLECTION 2017

KAYA  秋の展示販売会 2017

10/24(火)25(水)26 (木)28(土)29(日)11/1 (水) 2 (木) 3 (金) 5 (日)  OPEN: 11:00-18:00

ネパール・カトマンズの工房で職人さんが1着ずつ仕上げたコットンウェアは
わたしたち湘南の暮らしによくなじみます。
カシミア100%のセーターやショールも登場。
Kaya