« 2023年10月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月30日 (土)

泰松館 VILLA TAISHOKAN

Photo_20231230225301321edbdd07d1429c9d667e822efbd75c9033c86a78d9420db20b7c75ee7c19df98738
泰松館
VILLA TAISHOKAN
1年かけてリノベーションをした実家を一棟貸のヴィラとしてオープンします。築100年の大正時代に近い形です。予約開始致しました。
After a year of renovation, we are opening a family home as a villa for rent. We hope you will feel the Taisho Era by staying in this 100-year-old building. Reservations are now open.
2024/1/1よりお泊まり頂けます。

2023年12月15日 (金)

Inbetween

S__45662267_0S__45662269_0

Inbetween

2024/1/25THU.-2/4SUN.

12:00-17:00

CLOSED:MON.TUE.&WED.

 

若き4人のアーティストによるグループ展

■稲垣実侑 MIYUKI INAGAKI

S__45662271_0 S__45662270_0_20231227215601

■石川直也 NAOYA ISHIKAWA

S__45662273_0 S__45662272_0  

■津村侑希 YUKI TSUMURA

S__45662275_0 S__45662274_0

■ロイタローTRoy Taro

S__45662277_0S__45662276_0

“Inbetween”
 
本展では、アーティストたちの呼応する表現が見られます。石や詩、ドローイングなど、それぞれが自分の作品の核となるものを相手に託しています。相手に作品を託してそれについて作品で答えてもらう。問いかけと応答。こうした関わりはキャッチボール、あるいはテニスのラリーのようにも感じられます。アーティストにとって制作は個人的な活動ですが、個人的なものを突き詰めることによって社会に通じていくことがあります。時にアートは社会と個人の交感を生み出し、私たちの社会の合間にある何か見えないものを明らかにします。個人的なものと社会的なものが、互いに行き来する空間をお見せできれば幸いです。
 
 
In this exhibition, you can see correspondence of artists’ expressions. Whether a stone, poem, drawing, each artist entrusts the essence of their work to others. A question makes a response. It's a dialogue, —a dynamic interaction like a game of catch or a tennis rally. While art creation is a personal endeavoring for an artist, exploring into personal realms can vibrate with society at large. Art makes an interplay between society and individuals, revealing something invisible in the fabric of our society. It is our hope that we can show you the space of personal and societal elements corresponding to each.
 
written by: Roy Taro

 

Music Live -Choro&Samba

387513625_693594552545315_46122726028789

好評のブラジリアンライブも年に数回の定例ライブとなってきています。

名古屋、東京などからアーティストが揃います。

予約受付中です。

 

Raven Eats The Sun ROY TARO

Raven-eats-the-sun_a3

Raven Eats The Sun

ROY TARO solo

2023/12/16THU-12/24SUN

13:00-18:00

CLOSED:MON.,TUE.&WED.

Artist |  Roy Taro

生年: 1994年

拠点: 日本、東京

独自の色彩をまとった自然世界を絵画や詩により表現している。 

1994年、東京都町田市出生。2016年に早稲田大学法学部卒業。大学の最終年次に、ミクロネシアのヤップ島を訪れる。南の島で大自然の中で島民と暮らしたことをきっかけに、自分が進む道はアートだと考えるようになった。2017年から写真と詩による表現活動を始め、2018年に絵画を始める。

He paints the Jade Sun world to express the mythical world. He paints landscapes, having research to actual places such as Kozu Island or mountain scenes. Having been in such places, he has done drawing and photographing to capture the real landscapes. Taro also shows us the connection between Man and nature.

He graduated from Waseda University in Japan in 2016 with a major in law.When he was a senior, he visited Yap island in Micronesia. He lived as the local, saw the tropical wood where crabs walked on and fathoms of the blue ocean, the silver nights of the stars and the moon. Then, he realized that there is something like a valley between where he is and the world having the life breathing. He had felt being away from art. After graduation, he realized his path was art, started photography and writing in 2017, painting in 2018.

個展 | Solo Exhibition

2023『Raven Eats The Sun』CREATIVE SPACE HAYASHI, 神奈川

2023『Jade Sun 翡翠の太陽』SOMSOC GALLERY, 東京

2023 『Jade Room Represents 箱庭の生成』オープンスタジオ、経堂アトリエ、 東京

2023『The Sky Is Bright Like Stars  浮動する世界』 Gallery TK2, 東京

2022『The Sea of Rage  怒りの海』CREATIVE SPACE HAYASHI, 神奈川

2022 『A Bird Flying To The Sea 海へゆく鳥』オープンスタジオ、経堂アトリエ、 東京

2022『Jade Sun 翡翠の太陽』、 Gallery TK2, 東京

2021 『翡翠の太陽、やってくるもの』オープンスタジオ、経堂アトリエ、 東京

 

グループ展 | Group Show

2023『SOMSOC ART SHOW 23 A/W』SOMSOC GALLERY, 東京

2023『LITTLE SHOP OF ZINES at 江ノ島』

   Gallery&Cafe Gigi、神奈川

3331 ART FAIR 2022、東京

(CREATIVE SPACE HAYASHIより出展)

2022『50号+α展』、 Gallery TK2, 東京

2022  『救いの気配 Salvation Room』3人展(際恵理、meow、Roy Taro)、Cadoromo Space、東京

2021  『Life Poesy』二人展 Chin Gallery、東京

 

活動 | Project

2023 『Beyond the Soul』パフォーマンスアートフェスティバル参加、長野 

『行きかう記憶』パフォーマンス with オガワジョージ、経堂アトリエ、 東京

2021 ライブペインティングパフォーマンス、東京で(国)境をこえる会 

2020*Ré-enchantement  参加、フランス

(*コロナ下の医療シーンへアートを届ける活動)ルクセンブルク・アート・プライズ 参加

 

 

« 2023年10月 | トップページ | 2024年1月 »