« KAYA+カエコ手芸店 & Rungta | トップページ | Stained Glass WORK SHOP - TSUYOSHI MASUKO »

2022年5月 9日 (月)

茅ケ崎映画祭 「銀鏡 SHIROMI]

Photo_20220509225101 Photo_20220509225102
■映画「銀鏡 SHIROMI]
2022年7月16日(土)17(日)10:30-13:00 14:30-17:00 各回上映後に赤坂友昭監督挨拶あり
■赤阪知昭監督トークイベント 
2022年7月16日(土)     18:30-19:30 
料金 :上映、トークイベントそれぞれ各¥2,000 各回15人(15分前開場)
ご予約:CREATIVE SPACE HAYASHI 080-9204-2456 misa@cs-hayashi.com
           電話またはメールでお申込み
星のように生きる神楽の民の物語
宮崎県奥日向にある銀鏡の里。五百年以上前より伝わる「星の神楽」を舞う人々がいる。日本の古層に秘められた星への祈りと、それを未来へと語り継ぐ神楽の民を追ったドキュメンタリー。東京ドキュメンタリー映画祭2021で人類学・民族映像部門でグランプリ受賞。

星と共に生きる暮らし、そしてそこに育まれた心を刻む映画『銀鏡 SHIROMI』を茅ケ崎映画祭で上映します。
ギャラリーオーナーの母が宮崎県延岡市赤水町出身。
「私にとって、宮崎は今も昔も心の故郷であり大切な存在です。
この度、赤坂友昭監督とのご縁で、クラウドファンディングに参加させて頂き、2018年12月銀鏡神楽の舞を
観に行く事が出来ました。500年以上も受け継がれている銀鏡神楽が絶えることなく、続く事を願います。」
 
#映画銀鏡 #shiromi #星神楽 #銀鏡 #銀鏡神楽 #星への祈り #星のかぐらと柚子 #かぐらの里 #赤阪友昭 #宮崎の神楽 #北辰 #神楽 #しろみ #宇宙 #柚子の里 #宮崎 #ゆず #西都市 #第七藝術劇場 #宮崎キネマ館 #名演小劇場 #東京ドキュメンタリー映画祭 #東京ドキュメンタリー映画祭inOsaka #cafemirage #伊勢神宮 #神嘗祭 #北極星 #北斗七星 #後戸の神#茅ケ崎映画祭#中海岸#アートギャラリー#在京宮崎県人会#chigasakicinemafestival#artgallery#chigasaki#nakakaigan#miyazaki#film#movie

« KAYA+カエコ手芸店 & Rungta | トップページ | Stained Glass WORK SHOP - TSUYOSHI MASUKO »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KAYA+カエコ手芸店 & Rungta | トップページ | Stained Glass WORK SHOP - TSUYOSHI MASUKO »