« 2022年1月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月 8日 (火)

ASAKO IWASAWA SOLO EXHIBITION - THE LIVING BEINGS-

S__51642392S__51642393 

S__51642395 S__51560492

S__51560491
2022/4/14  -24 
OPEN 11:00-17:00 
CLOSED MON & TUE
 
巡回展示
 ART GALLERY MEJIROYAMA
HTTP://MEJIROYAMA.JP
2021年度Metro Ad Creative Awardで1484名の応募書からファイナリストになり、その作品原画を展示します。
https://maca.sendenkaigi.com/award-result05.html
NEW YORK で数々の賞を受賞し、Ronin GalleryやPaul Calendrillo Gallery で作品を発表していますが、海外への渡航が難しい中、    ここ数年は東京や茅ケ崎で定期的に個展を開催し、新作を発表しています。
今回は茅ケ崎と鎌倉腰越のギャラリーでの巡回展示となります。異なる空間ですが、いずれも彼女の作品の魅力を引き出す空間であることは間違いありません。
どうぞ、二つのギャラリーで岩澤あさ子の世界をお楽しみください。
 

KINTSUGI WORKSHOP

2021127csh_202203082132014c81f0229a2f4346acaf3d7210d221a6

 

「現代風金継ぎ」ワークショップ

1日で仕上がる金継ぎです。(新うるし等使用かぶれの心配も無く金継ぎ体験できます。 

日時 :2022年3月10日(木曜日)10:00-13:00 & 14:00-17:00 定員となりました。次回をお楽しみに。

定員 :各回6-8名

参加費:¥5,500

要予約:CREATIVE SPACE HAYASHI まで電話もしくはメールで

持ち物:金継ぎを施したい欠けたり割れた器 (,4点)

器の入る箱(時間内には乾かないためお持ち帰り用)、大きな紙袋

尚、器はこちらでもご用意出来ます(1点500円〜)

エプロン(汚れても良い服装)

*真鍮仕上げです。 純金は1g¥10000前後と入門編としては高いですね。 真鍮も普段使いには問題無いと思います。

「新うるし」は合成の漆で、速乾性があり、かぶれなどの心配はないです。

本漆の方が安全性はありますが、 金継ぎ入門としてオススメしています。

こちらの金継ぎワークショップでは、伝統的な材料を使わず、パテや新漆を使いどなたでも簡単にできるようにアレンジ。
かぶれの心配もなく、その日のうちに修復された器をお持ち帰りいただける「現代風金継ぎ」を体験できます。
割ってしまったお気に入りの器を蘇らせるのは勿論ですが、ただの修復にとどまらず、
まさに器にお化粧をしたような出来上がりがとても素敵です。
初心者の方でもしっかりサポートして貰えるので安心してご参加下さい。
ご注意事項:
 
* 汚れても良い服装でご参加下さい。
* 接着剤などは外し、汚れてるものは漂白して来てください。
出来上がりの器は:
* 電子レンジ、オーブン、食器洗い乾燥機、冷凍庫などには入れないでください。
* 長時間、水やお湯につけたままにしたり、火にかけないでください。
* クレンザー、たわしなど使わないでください。
* 本金継ぎではないため、修理した部分が黒ずむ場合があります。
* パテや接着剤を使用しますので、熱湯などには使用できません。

講師

笹原みどり MIDORI SASAHARA

金継ぎ Oh! LaLa (キンツギウララ) 主催。

武蔵野美術大学(芸能デザイン学部を)卒業し、広告、CM、雑誌等でフリーランススタイリストとして活躍。

10年前から金継ぎを始め、国内外での展覧会に出展。

Instagram@midorigomisasahara

« 2022年1月 | トップページ | 2022年4月 »

フォト

CREATIVE SPACE HAYASHI BLOG

無料ブログはココログ