« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月 7日 (火)

UPCYCLE WORKSHOP

20200105csh

UPCYCLE WORKSHOP AT CREATIVE SPACE HAYASHI

 

「現代風金継ぎ」ワークショップ

1日で仕上がる金継ぎです。(新うるし等使用) かぶれの心配も無く金継ぎ体験できます。 

日時 :2020215(土曜日)13:00-16:00

定員 :8名

参加費:¥5,000

持ち物:金継ぎを施したい欠けたり割れた器 (,4点)

器の入る箱(時間内には乾かないためお持ち帰り用)、大きな紙袋

尚、器はこちらでもご用意出来ます(1点500円〜)

エプロン(汚れても良い服装)

*真鍮仕上げです。 純金は1g¥10000前後と入門編としては高いですね。 真鍮も普段使いには問題無いと思います。

「新うるし」は合成の漆で、速乾性があり、かぶれなどの心配はないです。

本漆の方が安全性はありますが、 金継ぎ入門としてオススメしています。

講師

笹原みどり MIDORI SASAHARA

金継ぎ Oh! LaLa (キンツギウララ) 主催。

武蔵野美術大学(芸能デザイン学部を)卒業し、広告、CM、雑誌等でフリーランススタイリストとして活躍。

10年前から金継ぎを始め、国内外での展覧会に出展。

Instagram@midorigomisasahara

82494426_476589659946468_885757161787464 O0960072014526852399

四万十新聞 ECO BAG ワークショップ

四万十川流域のエコプロジェクトから始まった古新聞とでんぷん糊で作るオリジナルバッグのワークショップ。
プロジェクトの公式インストラクター牧野晶子が指導致します。時間内に3-4種類ほどお作り頂けます。

 『最後の清流』と言われる四万十川流域で販売される商品はすべて新聞で包もう!と高知在住デザイナー 梅原真氏の一言から、環境を守る為に、ビニールバックをやめて誕生した新聞バック。

読み終えた新聞紙を折ってノリ付けしてつくるエコバック、自分だけの新聞バックを作ってみませんか!

日時 :2020216日(日曜日)13:00-16:00

定員 :10

参加費:¥4,000  (材料費含む) (小学生¥3,500但し小学5年生以上)    

持ち物:手ぶらでOKです。お気に入りの紙などありましたらご持参ください。

講師

牧野晶子

スタイリスト・新聞バッグ公式インストラクター

1980代からTVCM.広告、雑誌等中心に多数のタレント、俳優の衣装を手がける。2003年に高知デザイナー梅原真氏の講演で四万十新聞バックの話しに感動し公式インストラクターを取得。スタイリストの仕事の合間に新聞バックWSを開催している。

7f30f972c0704dd78e4fb8c8d93680e7

 

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »