2024年5月 7日 (火)

TEXTILE DESIGN BY WOO

TEXTILE DESIGN BY WOO

WOO TEXTILES
CSHでは初めてのPOP UP
素敵なデザインが楽しい空間を創ります。
是非お立ち寄りください!

2024/5/9木-5/16日 
Closed :月火水
Open. :11:00-18:00
最終日 :11:00-16:30

@woo_textiles
うー (ムヒーレゆかり)
テキスタイルデザイナー/作家
女子美術大学で染色を学び、在学中に制作/発表を始める。
旅、世界の音楽や手仕事、また自然が好きで、身の回りの景色や旅の記憶
などからインスピレーションを得て模様を作っています。
シルクスクリーンプリントやブロックプリント、注染やデジタルプリントなど
様々な技法を使い、布にwooの世界観を写しとっています。
2019年頃からオリジナルブロックプリント生地で洋服作りを始めました。
西湘/神奈川県を拠点に展示発表を行っています。

Woo (Yukari Muhire)
Born in1987, currently living in Kanagawa prefecture Japan.
Freelance textile designer/print maker

2012年 女子美術大学芸術学部工芸学科染コース卒業
2011年ヘルシンキメトロポリア応用科学大学文化学部テキスタイル科短期交換留学
2010年ヘルシンキメトロポリア応用科学大学文化学部テキスタイル科短期交換留学
2006年文化学院高等過程美術科卒業

2013 Internship in a fairtrading company in the Republic of Rwanda
(Sept. 2012-May 2013)
2012 Joshibi University of Art and design, Textile design, dyeing majored.
2011 Exchange studies in Helsinki Metropolia university of applied sciences.
(Jan.-Feb.)
2010 Exchange studies in Helsinki Metropolia university of applied sciences.
(Jan.-Mar.)

Woosan20242

Woosan20241












2024年4月27日 (土)

Calligrapher Mizuho Inamura Solo Exhibition

書家期一会 稲村瑞穂 個展
2024/4/27-5/1
Open :12:00-17:00
入場16:30まで
Calligrapher Mizuho Inamura Solo Exhibition
One Life, One Meeting
4/27-5/1/2024
Open :12:00-17:00
Admission until 16:30
438754987_933584142102429_39086773588386 

2024年3月26日 (火)

TOMOAKI AKASAKA photo exhibition and portrait photo studio

映画「銀鏡」監督赤阪知昭、茅ケ崎での初写真展
ポルトレ -地上を旅する星たちー
オープニングイベントやポルトレ写真館も開催
詳細はフライヤーをご覧ください
Photo_20240326233101
A   

2024年3月19日 (火)

田嶋 小梅 KOUME TAJIMA  Musashino Art University - Graduation Work

田嶋 小梅
武蔵野美術大学卒業制作・建築学科奨励賞
「茅ヶ崎海岸の一考察 防災機能と居場所の融合」
2024/3/18-3/24
窓の外からご覧頂きます
KOUME TAJIMA
Musashino Art University, Graduation Work, Department of Architecture, Encouragement Award
A Study of Chigasaki Coast: Fusion of Disaster Prevention Function and Place
3/18-3/24, 2024
You will see it from outside the window.
田嶋小梅
茅ヶ崎生まれ茅ヶ崎育ち。
中学生の頃から建築士になることが夢で、武蔵野美術大学の建築学科に進む。
住宅から公共建築まで幅広く学び、4年生ではランドスケープを学ぶ。
大学への4年間往復5時間通学を経て、この春晴れて卒業。
4年間の集大成として生まれ育った茅ヶ崎市を題材に、卒業制作として制作した本作品は、学内にて奨励賞受賞。
Koume Tajima
Born and raised in Chigasaki.
Since junior high school, she dreamed of becoming an architect and went on to study architecture at Musashino Art University.
She studied a wide range of subjects from housing to public architecture, and studied landscape architecture in her fourth year.
After commuting 5 hours to and from the university for 4 years, her graduated this spring.
As the culmination of her four years of study, he received an Encouragement Award for her graduation work, which was based on the theme of Chigasaki City, where her was born and raised.
432459392_908327267961450_69735579303417 433739734_908327287961448_23726026263545 433622778_908327347961442_23472167983179 432465909_908327371294773_47803649642868 432462074_908327317961445_24576634292778

2024年3月10日 (日)

KEYCO+カエコ手芸店&jyu

Keyco_kaeko_jyu_2024

KEYCO+カエコ手芸店&jyu

2024.3.14-17 THu.-Sun. 12:00-17:00

■KEYCO
@keyco_official
「永く楽しむ副」をコンセプトに定番アイテムのシャツやつけ襟に加え、
今回は春を感じさせる明るく爽やかな
シャツや一部新作を交えながらお待ちしています。
_____________________________
※今回も受注生産がメインとなりますが
一部お持ち帰り頂ける商品もございます。

 

■カエコ手芸店
@kaekoshugeiten
 
青森県津軽地方の伝統刺しゅうである
「こぎん刺し」の小さな作品を作っています。
身近に置いて、ふと見た時に
優しい気持ちになれるようなものを
作りたいと思っています。
 
こぎん刺しの素朴で凛とした美しさを
お伝えできれば嬉しいです。
■jyu
@jyu.jp
 
暮らしに心地よく馴染む自然をまとうアクセサリー

 

 

 

 

2024年1月15日 (月)

WEST COAST CASUAL solo exhibit Harry Ohta

Harryohtadm1_20240115144201
Solo Exhibit
2014/2/22-3/3  12:00-17:00
CLOSED: MON.&TUE.
Opening reception 2/22 THU. 17:00-19:00
Special Live Concert: Tyrone Hashimoto 3/2 SAT.18:00
ロサンゼルス在住のアーティストHARRY OHTAによる日本初めての個展。
HARRY OHTA 
ハリー太田
 
1949年横浜生まれ。
上智大学、ウッドベリー大学、UCLAで経済学を学ぶ。
ロサンゼルスのオーティス・パーソンズでフランクリン・レイガルのもとで絵画技術を学んだ。
現在はカリフォルニア州トーランスのアトリエで制作に専念。
 
ハリー太田は1970年からロサンゼルスとサンタフェを行き来している日本人アーティストである。キャンバスにアクリル絵の具を使い、アメリカ南西部やロサンゼルスのサウスベイ地域のイメージを、自然に対する人間の侵入に焦点を当てて描いている。デビッド・ホックニーやエドワード・ホッパーに影響を受けた彼のスタイルは、強い構図とデザインのセンスを持つ具象的なものである。太田は、同じ対象に対する複数の視点の可能性に興味を抱いている。彼の作品は、"現代アメリカ生活の編集されたヴィジョンを反映した、スペアで緻密に計算されたレンダリング "と評されている。1949年横浜生まれ。上智大学、ウッドベリー大学、UCLAで経済学を学ぶ。生涯画家である彼は、ロサンゼルスのオーティス・パーソンズでフランクリン・レイガルのもとで絵画技術を学んだ。現在はカリフォルニア州トーランスのアトリエで制作に専念している。
https://www.harryohta.com/
 
Born in 1949 in Yokohama,Japan, 
Ohta studied economics at Sophia University in Tokyo,Woodbury University, and UCLA. 
A lifelong painter,he learned painting techniques under Franklin Leigal at Otis Parsons in Los Angeles. Ohta has dedicated himself to making art at his studio in Torrance, CA.
 
Harry Ohta is a Japanese artist who has split time living in Los Angeles and Santa Fe since 1970. Ohta uses acrylics on canvas to create images of the American Southwest and South Bay area of Los Angeles focusing on man’s intrusion on nature. Influenced by David Hockney and Edward Hopper, his style is figurative with a strong sense of composition and design. Ohta is interested in the possibilities of multiple perspectives on the same object. His works have been described as “spare and finely calculated renderings that reflect an edited vision of modern American life.” Born in 1949 in Yokohama, Japan, Ohta studied economics at Sophia University in Tokyo, Woodbury University, and UCLA. A lifelong painter, he learned painting techniques under Franklin Leigal at Otis Parsons in Los Angeles. Ohta has dedicated himself to making art at his studio in Torrance, CA.

irokumi workshop @ CREATIVE SPACE HAYASHI

Photo_20240115155001
5254264ef87b4fe4b349860c6d6ace64 32bd74215f534d1d802d14037e25b86b Irokumi1_20240115155801
スタジオピーパによるirokumi ワークショップ
いろくみirokumiで君もアーティストになろう!
 
■2024/2/17・18土日
 
■ワークショップ開催時間
 各日:①12:00-14:00 ②15:00-16:30
各回30分前から開場
■定員 :各回3~4組(10名まで)個人参加OK.小学生は保護者同伴。見学無料。
■参加費:¥1,500 当日会場にてお支払いください。(irokumi1セット付)
■対象 :3歳から大人まで
■内容  :500ピースをこえる「いろくみ」で講師と一緒に大きい作品づくりに挑戦しましょう!
■持ち物:不要 
■お問合せ:info@pi-pa.co.jp 0467-86-7507 またはQRコードから
■商品詳細:https://irokumi.base.shop/
 
 
いろくみは色彩のプロがつくったまったく新しい「いろくみあそび」のためのカードセットです。
さまざまな色と形のいろくみカードを組み合わせてゆくうちに立体的で、色が響き合うアートオブジェがつくれます。配色と造形センスが自然に身につきます。いろくみのワークショップには「自由造形」と「色と形を学ぶ」があり、今回は「自由造形」になります。こちらは特に時間を決めて教える&学ぶ時間があるわけではなく、個人で通常お求めいただく商品のピース数(48ピース)を遥かに超える500ピース以上で自由に大きい作品を存分に作る、という内容になります。講師が造形サポートしますので、作り慣れていなくても、いくつか作品を作っていくうちに夢中になって遊べるようになります。配色理論などは同伴の保護者さんへはその間に説明しますが、子どもたちには想像力などが広がってゆくので勝手に遊ぶようになります。 
時間は30分から1時間提案内容程度でしょうか、そのお子さんの夢中になる度合いによって異なります。もちろん大人も一緒に遊んでいただいて結構ですが参加料として1500円頂戴します。(同額のキャラクターセット1袋がつきます。
 
Irokumi is a set of cards for "irokumi play" created by a professional colorist.
As you combine irokumi cards of various colors and shapes, you can create three-dimensional art objects with colors that resonate with each other. You will naturally acquire a sense of coloring and modeling.
 
 
■studio PI-PA
http://www.pi-pa.co.jp/
 
■講師
スタジオピーパ代表取締役 小倉ひろみ 
東京生まれ
東京芸術大学美術学部デザイン科インダストリアルデザイン専攻卒業。
NECデザインセンター(現NECデザイン)、在ミラノCDM社をへて
1993年株式会社スタジオピーパ設立。同社代表取締役。
 
金沢美術工芸大学非常勤講師/多摩美術大学客員教授/
青山学院大学・同大学院 各非常勤講師/昭和大学非常勤講師
 
サロンドプランタン賞 卒業制作
第一回大阪国際デザインコンペ 大阪府知事賞
Gマーク ホームテレホン ベリーナ
Gマーク部門別大賞 ネファックス9000
Gマーク経済産業大臣賞UDMプロジェクト
Gマーク いろくみ®

 

Momoka Nakazawa Solo exhibition

A3 Momokadm

Momokazawa 「I was born on this planet」~この星に生まれて~

2024.2.8THU.-2.14WED.

13:00-18:00

ガラス作品・絵・絵から作った洋服を展示販売

■松波里織による特別演奏会

2/11 (SUN) 要予約

ギャラリー脇泰松館でお琴と三味線の演奏会

第一部12:00~ 第二部15:00~

入場料 ¥2,000 各回20名様限定

ご予約はQRLから

2023年12月30日 (土)

泰松館 VILLA TAISHOKAN

Photo_20231230225301321edbdd07d1429c9d667e822efbd75c9033c86a78d9420db20b7c75ee7c19df98738
泰松館
VILLA TAISHOKAN
1年かけてリノベーションをした実家を一棟貸のヴィラとしてオープンします。築100年の大正時代に近い形です。予約開始致しました。
After a year of renovation, we are opening a family home as a villa for rent. We hope you will feel the Taisho Era by staying in this 100-year-old building. Reservations are now open.
2024/1/1よりお泊まり頂けます。

2023年12月15日 (金)

Inbetween

S__45662267_0S__45662269_0

Inbetween

2024/1/25THU.-2/4SUN.

12:00-17:00

CLOSED:MON.TUE.&WED.

 

若き4人のアーティストによるグループ展

■稲垣実侑 MIYUKI INAGAKI

S__45662271_0 S__45662270_0_20231227215601

■石川直也 NAOYA ISHIKAWA

S__45662273_0 S__45662272_0  

■津村侑希 YUKI TSUMURA

S__45662275_0 S__45662274_0

■ロイタローTRoy Taro

S__45662277_0S__45662276_0

“Inbetween”
 
本展では、アーティストたちの呼応する表現が見られます。石や詩、ドローイングなど、それぞれが自分の作品の核となるものを相手に託しています。相手に作品を託してそれについて作品で答えてもらう。問いかけと応答。こうした関わりはキャッチボール、あるいはテニスのラリーのようにも感じられます。アーティストにとって制作は個人的な活動ですが、個人的なものを突き詰めることによって社会に通じていくことがあります。時にアートは社会と個人の交感を生み出し、私たちの社会の合間にある何か見えないものを明らかにします。個人的なものと社会的なものが、互いに行き来する空間をお見せできれば幸いです。
 
 
In this exhibition, you can see correspondence of artists’ expressions. Whether a stone, poem, drawing, each artist entrusts the essence of their work to others. A question makes a response. It's a dialogue, —a dynamic interaction like a game of catch or a tennis rally. While art creation is a personal endeavoring for an artist, exploring into personal realms can vibrate with society at large. Art makes an interplay between society and individuals, revealing something invisible in the fabric of our society. It is our hope that we can show you the space of personal and societal elements corresponding to each.
 
written by: Roy Taro

 

«Music Live -Choro&Samba