2024年1月15日 (月)

WEST COAST CASUAL solo exhibit Harry Ohta

Harryohtadm1_20240115144201
Solo Exhibit
2014/2/22-3/3  12:00-17:00
CLOSED: MON.&TUE.
Opening reception 2/22 THU. 17:00-19:00
Special Live Concert: Tyrone Hashimoto 3/2 SAT.18:00
ロサンゼルス在住のアーティストHARRY OHTAによる日本初めての個展。
HARRY OHTA 
ハリー太田
 
1949年横浜生まれ。
上智大学、ウッドベリー大学、UCLAで経済学を学ぶ。
ロサンゼルスのオーティス・パーソンズでフランクリン・レイガルのもとで絵画技術を学んだ。
現在はカリフォルニア州トーランスのアトリエで制作に専念。
 
ハリー太田は1970年からロサンゼルスとサンタフェを行き来している日本人アーティストである。キャンバスにアクリル絵の具を使い、アメリカ南西部やロサンゼルスのサウスベイ地域のイメージを、自然に対する人間の侵入に焦点を当てて描いている。デビッド・ホックニーやエドワード・ホッパーに影響を受けた彼のスタイルは、強い構図とデザインのセンスを持つ具象的なものである。太田は、同じ対象に対する複数の視点の可能性に興味を抱いている。彼の作品は、"現代アメリカ生活の編集されたヴィジョンを反映した、スペアで緻密に計算されたレンダリング "と評されている。1949年横浜生まれ。上智大学、ウッドベリー大学、UCLAで経済学を学ぶ。生涯画家である彼は、ロサンゼルスのオーティス・パーソンズでフランクリン・レイガルのもとで絵画技術を学んだ。現在はカリフォルニア州トーランスのアトリエで制作に専念している。
https://www.harryohta.com/
 
Born in 1949 in Yokohama,Japan, 
Ohta studied economics at Sophia University in Tokyo,Woodbury University, and UCLA. 
A lifelong painter,he learned painting techniques under Franklin Leigal at Otis Parsons in Los Angeles. Ohta has dedicated himself to making art at his studio in Torrance, CA.
 
Harry Ohta is a Japanese artist who has split time living in Los Angeles and Santa Fe since 1970. Ohta uses acrylics on canvas to create images of the American Southwest and South Bay area of Los Angeles focusing on man’s intrusion on nature. Influenced by David Hockney and Edward Hopper, his style is figurative with a strong sense of composition and design. Ohta is interested in the possibilities of multiple perspectives on the same object. His works have been described as “spare and finely calculated renderings that reflect an edited vision of modern American life.” Born in 1949 in Yokohama, Japan, Ohta studied economics at Sophia University in Tokyo, Woodbury University, and UCLA. A lifelong painter, he learned painting techniques under Franklin Leigal at Otis Parsons in Los Angeles. Ohta has dedicated himself to making art at his studio in Torrance, CA.

irokumi workshop @ CREATIVE SPACE HAYASHI

Photo_20240115155001
5254264ef87b4fe4b349860c6d6ace64 32bd74215f534d1d802d14037e25b86b Irokumi1_20240115155801
スタジオピーパによるirokumi ワークショップ
いろくみirokumiで君もアーティストになろう!
 
■2024/2/17・18土日
 
■ワークショップ開催時間
 各日:①12:00-14:00 ②15:00-16:30
各回30分前から開場
■定員 :各回3~4組(10名まで)個人参加OK.小学生は保護者同伴。見学無料。
■参加費:¥1,500 当日会場にてお支払いください。(irokumi1セット付)
■対象 :3歳から大人まで
■内容  :500ピースをこえる「いろくみ」で講師と一緒に大きい作品づくりに挑戦しましょう!
■持ち物:不要 
■お問合せ:info@pi-pa.co.jp 0467-86-7507 またはQRコードから
■商品詳細:https://irokumi.base.shop/
 
 
いろくみは色彩のプロがつくったまったく新しい「いろくみあそび」のためのカードセットです。
さまざまな色と形のいろくみカードを組み合わせてゆくうちに立体的で、色が響き合うアートオブジェがつくれます。配色と造形センスが自然に身につきます。いろくみのワークショップには「自由造形」と「色と形を学ぶ」があり、今回は「自由造形」になります。こちらは特に時間を決めて教える&学ぶ時間があるわけではなく、個人で通常お求めいただく商品のピース数(48ピース)を遥かに超える500ピース以上で自由に大きい作品を存分に作る、という内容になります。講師が造形サポートしますので、作り慣れていなくても、いくつか作品を作っていくうちに夢中になって遊べるようになります。配色理論などは同伴の保護者さんへはその間に説明しますが、子どもたちには想像力などが広がってゆくので勝手に遊ぶようになります。 
時間は30分から1時間提案内容程度でしょうか、そのお子さんの夢中になる度合いによって異なります。もちろん大人も一緒に遊んでいただいて結構ですが参加料として1500円頂戴します。(同額のキャラクターセット1袋がつきます。
 
Irokumi is a set of cards for "irokumi play" created by a professional colorist.
As you combine irokumi cards of various colors and shapes, you can create three-dimensional art objects with colors that resonate with each other. You will naturally acquire a sense of coloring and modeling.
 
 
■studio PI-PA
http://www.pi-pa.co.jp/
 
■講師
スタジオピーパ代表取締役 小倉ひろみ 
東京生まれ
東京芸術大学美術学部デザイン科インダストリアルデザイン専攻卒業。
NECデザインセンター(現NECデザイン)、在ミラノCDM社をへて
1993年株式会社スタジオピーパ設立。同社代表取締役。
 
金沢美術工芸大学非常勤講師/多摩美術大学客員教授/
青山学院大学・同大学院 各非常勤講師/昭和大学非常勤講師
 
サロンドプランタン賞 卒業制作
第一回大阪国際デザインコンペ 大阪府知事賞
Gマーク ホームテレホン ベリーナ
Gマーク部門別大賞 ネファックス9000
Gマーク経済産業大臣賞UDMプロジェクト
Gマーク いろくみ®

 

Momoka Nakazawa Solo exhibition

A3 Momokadm

Momokazawa 「I was born on this planet」~この星に生まれて~

2024.2.8THU.-2.14WED.

13:00-18:00

ガラス作品・絵・絵から作った洋服を展示販売

■松波里織による特別演奏会

2/11 (SUN) 要予約

ギャラリー脇泰松館でお琴と三味線の演奏会

第一部12:00~ 第二部15:00~

入場料 ¥2,000 各回20名様限定

ご予約はQRLから

2023年12月30日 (土)

泰松館 VILLA TAISHOKAN

Photo_20231230225301321edbdd07d1429c9d667e822efbd75c9033c86a78d9420db20b7c75ee7c19df98738
泰松館
VILLA TAISHOKAN
1年かけてリノベーションをした実家を一棟貸のヴィラとしてオープンします。築100年の大正時代に近い形です。予約開始致しました。
After a year of renovation, we are opening a family home as a villa for rent. We hope you will feel the Taisho Era by staying in this 100-year-old building. Reservations are now open.
2024/1/1よりお泊まり頂けます。

2023年12月15日 (金)

Inbetween

S__45662267_0S__45662269_0

Inbetween

2024/1/25THU.-2/4SUN.

12:00-17:00

CLOSED:MON.TUE.&WED.

 

若き4人のアーティストによるグループ展

■稲垣実侑 MIYUKI INAGAKI

S__45662271_0 S__45662270_0_20231227215601

■石川直也 NAOYA ISHIKAWA

S__45662273_0 S__45662272_0  

■津村侑希 YUKI TSUMURA

S__45662275_0 S__45662274_0

■ロイタローTRoy Taro

S__45662277_0S__45662276_0

“Inbetween”
 
本展では、アーティストたちの呼応する表現が見られます。石や詩、ドローイングなど、それぞれが自分の作品の核となるものを相手に託しています。相手に作品を託してそれについて作品で答えてもらう。問いかけと応答。こうした関わりはキャッチボール、あるいはテニスのラリーのようにも感じられます。アーティストにとって制作は個人的な活動ですが、個人的なものを突き詰めることによって社会に通じていくことがあります。時にアートは社会と個人の交感を生み出し、私たちの社会の合間にある何か見えないものを明らかにします。個人的なものと社会的なものが、互いに行き来する空間をお見せできれば幸いです。
 
 
In this exhibition, you can see correspondence of artists’ expressions. Whether a stone, poem, drawing, each artist entrusts the essence of their work to others. A question makes a response. It's a dialogue, —a dynamic interaction like a game of catch or a tennis rally. While art creation is a personal endeavoring for an artist, exploring into personal realms can vibrate with society at large. Art makes an interplay between society and individuals, revealing something invisible in the fabric of our society. It is our hope that we can show you the space of personal and societal elements corresponding to each.
 
written by: Roy Taro

 

Music Live -Choro&Samba

387513625_693594552545315_46122726028789

好評のブラジリアンライブも年に数回の定例ライブとなってきています。

名古屋、東京などからアーティストが揃います。

予約受付中です。

 

Raven Eats The Sun ROY TARO

Raven-eats-the-sun_a3

Raven Eats The Sun

ROY TARO solo

2023/12/16THU-12/24SUN

13:00-18:00

CLOSED:MON.,TUE.&WED.

Artist |  Roy Taro

生年: 1994年

拠点: 日本、東京

独自の色彩をまとった自然世界を絵画や詩により表現している。 

1994年、東京都町田市出生。2016年に早稲田大学法学部卒業。大学の最終年次に、ミクロネシアのヤップ島を訪れる。南の島で大自然の中で島民と暮らしたことをきっかけに、自分が進む道はアートだと考えるようになった。2017年から写真と詩による表現活動を始め、2018年に絵画を始める。

He paints the Jade Sun world to express the mythical world. He paints landscapes, having research to actual places such as Kozu Island or mountain scenes. Having been in such places, he has done drawing and photographing to capture the real landscapes. Taro also shows us the connection between Man and nature.

He graduated from Waseda University in Japan in 2016 with a major in law.When he was a senior, he visited Yap island in Micronesia. He lived as the local, saw the tropical wood where crabs walked on and fathoms of the blue ocean, the silver nights of the stars and the moon. Then, he realized that there is something like a valley between where he is and the world having the life breathing. He had felt being away from art. After graduation, he realized his path was art, started photography and writing in 2017, painting in 2018.

個展 | Solo Exhibition

2023『Raven Eats The Sun』CREATIVE SPACE HAYASHI, 神奈川

2023『Jade Sun 翡翠の太陽』SOMSOC GALLERY, 東京

2023 『Jade Room Represents 箱庭の生成』オープンスタジオ、経堂アトリエ、 東京

2023『The Sky Is Bright Like Stars  浮動する世界』 Gallery TK2, 東京

2022『The Sea of Rage  怒りの海』CREATIVE SPACE HAYASHI, 神奈川

2022 『A Bird Flying To The Sea 海へゆく鳥』オープンスタジオ、経堂アトリエ、 東京

2022『Jade Sun 翡翠の太陽』、 Gallery TK2, 東京

2021 『翡翠の太陽、やってくるもの』オープンスタジオ、経堂アトリエ、 東京

 

グループ展 | Group Show

2023『SOMSOC ART SHOW 23 A/W』SOMSOC GALLERY, 東京

2023『LITTLE SHOP OF ZINES at 江ノ島』

   Gallery&Cafe Gigi、神奈川

3331 ART FAIR 2022、東京

(CREATIVE SPACE HAYASHIより出展)

2022『50号+α展』、 Gallery TK2, 東京

2022  『救いの気配 Salvation Room』3人展(際恵理、meow、Roy Taro)、Cadoromo Space、東京

2021  『Life Poesy』二人展 Chin Gallery、東京

 

活動 | Project

2023 『Beyond the Soul』パフォーマンスアートフェスティバル参加、長野 

『行きかう記憶』パフォーマンス with オガワジョージ、経堂アトリエ、 東京

2021 ライブペインティングパフォーマンス、東京で(国)境をこえる会 

2020*Ré-enchantement  参加、フランス

(*コロナ下の医療シーンへアートを届ける活動)ルクセンブルク・アート・プライズ 参加

 

 

2023年10月26日 (木)

子供も大人も楽しむお茶道

モダンアートの油画アーティストで裏千家茶道の師範でもある時松としこ・時松宗枝が

茅ヶ崎、中海岸にオープンする大正のゲストハウス泰松館でお茶道のお稽古を始めます。

https://www.cs-hayashi.com/toshikotokimastu.html

お子様も大人の方も是非ご参加くださいませ。

761ec6058782458fb9033df011dc3833 542a72ecacf74744b3e8543a74deaa07 66da61d5f13d4c1aab0e6d0ca86cf5f9

こどもお茶道     受講生募集 2024年4月より

こども茶道のお稽古を開催いたします。

お茶道を春夏秋冬を通して日本の文化を学びます。

5歳児童より小学生、中高生のお子様に1年間お稽古を続けていただける参加者を募集いたします。

 

お稽古内容:春には野点、つり釜

      夏は風炉釜、立礼(りゅうれい)

      秋から冬の炉手前

茶室での立ち振るまい

茶道具などの取り扱い

お点前の作法

庭(露地)待合、等々の所作

床に軸を掛け、季節の花を生け

香をたく

お茶を点てお菓子を戴きます。

昨今の生活には馴染めない茶道の作法も「おままごと」のように楽しくお稽古をしていきます。

 

対象者  :5才児童以上、小学生、中高生

      国籍、性別問わず

日時   :土曜日 第1,2,3 月3

      午前10時~1140

      一組 3名 

二組 3名 参加者希望曜日 

三組 特別稽古「親子でお茶を」

 

月納料    :¥10,000  *水屋料・別途1回毎に¥1,000

束侑・入門費   :    ¥5,000  帛紗、扇子、楊子料 

持参する物  : 履き替用 靴下、ふろしき1 

講師     裏千家茶道        時松宗枝

 

主催        泰松館・villa TAISHO KAN

                           茅ケ崎市中海岸1-4-48

お問合せ    CREATIVE SPACE HAYASHI 

Mail:misa@cs-hayashi.com  Phone: 080-9204-2456

 

おとなの楽しむお茶道 2024年4月より

受講者募集 :お茶道の経験のない方、これから「お茶」を嗜んでみたい方

       お茶道には決まり事が多々ありますが、季節折々の趣向や茶道具などに触れながら、

楽しいお茶道のお稽古をいたします。

 

成人、性別国籍を問いません。

13名様

3回 :1回 1時間50

日時  :参加者3名様との都合に合わせ設定いたします。

月納料 :¥10,000 *水屋料・別途1回毎に¥1,000

       ご希望で特別稽古やお茶事を催す場合、お水屋料、別途になります。

       持参する物:履き替用白い靴下、ふろしき1

 

講師     :裏千家茶道  時松宗枝

主催      : 泰松館・villa TAISHO KAN

                              茅ケ崎市中海岸1-4-48

お問合せ   :  CREATIVE SPACE HAYASHI 

 Mail:misa@cs-hayashi.com  Phone: 080-9204-2456

 

2023年10月23日 (月)

RUBY SILVIOUS solo exhibition waste not

RUBY SILVIOUS solo exhibition

waste not 無駄にしない

2023.11.29-12.10

closed ;mon.&tue. 

12:00-17:00

ルビー・シルビアスはニューヨークを拠点に世界中で活動するアーティストです。

茅ヶ崎での個展は2回目、ティーバッグペインティングのワークショップも開催します。

Waste Not: 無駄にしない

RUBY SILVIOUS

Ruby Silvious is internationally known for her miniature paintings on used tea bags.

 She uses found objects and everyday materials as canvases for her art.

Ruby wants viewers to look beyond the boundaries of traditional art. 

ルビー・シルヴィウスは、

使用済みティーバッグに細密画を描いた作品で国際的に知られています。

彼女は気に入って見つけた物や日常の素材をキャンバスにして作品を制作しています。

ルビーは決まりきった伝統に縛られないアートの世界を観る者に感じてもらいたいと思っています。

Monoprint Kimono

In 2018, Measures 6' wide x 6' high. Inspired by Matisse's cutouts, monoprints on used tea bags. Exhibited at the Woodstock Art Exchange, NY in 2019.Using printmaking techniques with various stencils and mark making tools, random designs are created and printed on the individual tea bags using an etching press.

モノプリント着物

2018年、幅6フィート×高さ6フィート。

マティスの切り絵にインスパイアされ、使用済みのティーバッグにモノプリント。

2019年にニューヨークのウッドストック・アート・エクスチェンジで展示。

様々なステンシルやマーク制作ツールを使った版画技法で、ランダムなデザインを制作し、

エッチングプレス機を使って個々のティーバッグにプリントしています。

S__65994763_0 S__65994770 S__65994765_0 S__65994769_0

■WORKSHOP

378126518_332904956060191_30268797544465

ティーバッグペインティング

2023/12/9 SAT.10:00-12:00

¥6,000 MAX 12名 持ち物不要

お問合せ・予約:CREATIVE SPACE HAYASHI までメールかお電話で

Phone:080-9204-2456

Mail: misa@cs-hayashi.com

 

AKIRA SAKATA solo talk & live

AKIRA SAKATA SOLO TALK & LIVE in Chigasaki
2023・11・25 sat. 18:30 OPEN 19:00 START
¥5,000 / 1 drink included reservation only
予約受付中
CREATIVE SPACE HAYASHI まで
Phone:080-9204-2456
Mail: misa@cs-hayashi.com
坂田明氏、茅ケ崎初のトーク&ライブ
ミジンコ研究家として著名な坂田氏がCREATIVE SPACE HAYASHI でトークとライブを披露
Sakataakiraphoto

«斉藤佳代 素描展 - 植物と-